nissy.dev

Latest Posts

Web Speed Hackathon 2021 mini での学び

14 min read

Web Speed Hackathon 2021 mini に参加していたのですが、こちらのほぼ満点を出した人の記事を元に、自分でも色々やってみた時に学習したことをまとめます。 こちらのスクラップでまとめていたのですが、色々興味のある内容があって話が脱線することも多かったので、再度自分のためにまとめ直した記事です。 学んだこと CSS のプロパティ object-fit 縦横比を維持、中央配置、トリミング、以上がすべて自動で行われる object-fit: cover をよく使う気がす

2021年の振り返り

12 min read

にっしーです。せっかく今年は個人ブログを作ったので、1 年を振り返ってみようと思います。 時系列振り返り 1 ~ 3 月 : 修論と本の執筆 この時期は、主に修論と本の執筆を行っていました。大学院での研究分野は、情報科学の手法を化学に応用するケモインフォマティクスと呼ばれる分野であり、特に自分は最近流行りの深層学習を扱っていました。 コロナ禍の大学院生活は、研究室の体制の問題などもあって大変でしたが、なんとか修論も書ききり卒業することができました。研究室の友人とバドミントンができなかった

新卒1年目の業務の振り返り

11 min read

にっしーです。今年度から Cybozu で Web エンジニアとして働いています。 この記事では、正式に kintone チームに配属された 2021 年 7 月から 2021 年 11 月までに行った業務内容について、その一部を振り返りたいと思います。 業務内容の振り返り OJT 期間の業務 今年の kintone チームでは、まず配属されると新卒でチームを組み、通常の新規機能の開発プロセスを OJT 形式で約 2 ヶ月間学びました。OJT の際には、新卒 2 年目の方々がメンターとし

URL遷移やsession historyに関する挙動の整理

2 min read

URL 遷移の挙動に地味にハマった時に調べた時のメモ session history / document の挙動の注意点 異なる URL に遷移する場合 session history 新規に作成される document 新規に作成される 同じ URL に遷移する場合 session history 現在の履歴を消して、新規に作成される location.state や history.scrollRestoration は引き継がれる この点に関しては、妥当かどうかの議

TLS(SSL)の基礎

5 min read

新卒研修で扱った TLS (SSL) のメモ 安全に通信をするためのセキュリティプロトコル SSL: Secure Sockets Layer TLS: Transport Layer Security TLS は SSL の次世代規格 (ほぼ同じと捉えて問題ない) HTTP + TLS = HTTPS 守りたいもの → 守り方 通信相手が本物であること → デジタル署名 通信内容が盗聴されないこと → 対称暗号 通信内容が改竄されないこと → メッセージ認証コード デジタル

DNSの基礎

2 min read

DNS (Domain Name System) = ドメインから IP アドレスを割り出すシステム 問い合わせの流れ ドメイン → Recursive DNS → ルート DNS → 権威 DNS → ・・・ → 権威 DNS → IP アドレス hoge.cybozu.com の場合 ルート DNS: com は 192.XX.XX.XX (権威 DNS1) に聞いて 権威 DNS1: cybozu.com は 216.XX.XX.XX (権威 DNS2) に聞いて 権威 DNS

認証と認可の基礎

8 min read

Web で支える技術で出てきたものを主に取リ扱う。 認証と認可の違い 認証 = ユーザが誰かを確認すること Determines whether users are who they claim to be 認可 = とある特定の条件に対して、リソースアクセスの権限を与えること Determines what users can and cannot access 認証せずに認可する例 「鍵の発行」 -> 鍵の持ち主が誰であろうと、施錠することができる 「チケットの発行」-> 持

Webセキュリティの基礎

6 min read

新卒研修でやった内容を軽くまとめたもの 情報セキュリティの 3 要素 (CIA) 機密性:Confidentiality 認可されていない個人、エンティティ、プロセスに対して、情報を使用させない・開示しない特性 データ及び情報が、権限がある時に、権限がある方式に従った場合のみ開示されること 完全性:Integrity 改ざんや過不足のない正確な情報が保持されている特性 データ及び情報が正確かつ完全であり、それらが維持されること 可用性:Availability 認可されたエンテ

Databaseの基礎

4 min read

新卒研修ではデータベースの基本的な知識については扱わなかったが、一度覚えなおした方が良いと感じて勉強した時のメモ。 データベース データベース = 整理整頓されたデータの集まり データは壊れると取り戻せない 高い堅牢性、セキュリティが要求される トランザクション が ACID 特性を満たす必要がある トランザクション = データベース操作する際の一つのかたまりの処理 ACID 特性 Atomicity (原子性) トランザクションの途中の中途半端な状態にならない トランザクシ

Dockerの基礎

5 min read

新卒研修でやった内容を軽くまとめたもの コンテナ VM とコンテナの違い VM:OS (カーネル、OS のコア機能) から仮想化 オーバーヘッドが大きい イメージサイズも大きい、起動も遅い コンテナ:プロセス (1 つの処理単位) から仮想化 ホスト OS とカーネルを共有する、起動は早い OS 機能も含めて完全に同じ環境を再現することはしていない コンテナの実現するための技術 Linux のカーネルには互換性があるため、カーネルを共有できる Linux namespace

1 / 2